スイフトスポーツ

スイフトスポーツの魅力

スイフトスポーツのコンセプトは「リアルスポーツコンパクトカー」と言われます。一部ファン期待の新型スイフトスポーツに注目です。元々スイフトは走りが良いと評判でした。このスイフトに走る・曲がる・止まるの全域でグレードアップが施されています。

スイフトスポーツの特徴は、走り能力だけではなく、ドライバーの満足感を演出する装備がスタンダード+αです。とにかく高級感があり、満足度は高いですね。クルマの楽しさを味わえるのがスイフトスポーツでしょう。チューニングで走りに磨きをかけるも良し、パーツを追加しエレガントな車に仕上げることも出来ます。そして、パワーやトルクの速い・遅いでなく、気持ちよくて楽しいのがスイフトスポーツでしょう。

スイフトスポーツは基本的にパワーアップしていて、スイフトスポーツはスズキスポーツの中心的存在ですね、ですからスイフトスポーツのエアロパーツは他のスズキの車では有り得ない程のパーツが出回っています。ドレスアップが楽しくなりますね。 とりあえず人気の高いエアロパーツ一覧を紹介しますのでチェックしてみて下さい。


>>人気のスイフトスポーツのエアロパーツ一覧はコチラ

スイフトスポーツのレビュー

スイフトスポーツのポイントをおさらいします。抜群のスタイリング スイフト・スポーツは、バンパーや各種空力パーツ、16インチタイヤでドレスアップを決めています。満足できるレベルです。細部に目を向けると、張り出しが増えた前後のバンパーがスパイス効いて高級感があります。インテリアの質感も上々ですが、赤と黒のシート柄は好みがあるだけに微妙な処です。

自由自在に扱えるクルマ
デザイン以上に走りの実力の高さがスイフトスポーツの魅力です。スイフトスポーツは、5000回転超の伸びが気持ち良いです。コーナーが速いと言い切れるレベルではないかもしれません、がしかし思った通りに走らせている感覚を感じる事ができます。

十分の日常生活車の機能
スイフトスポーツの魅力の最後は、スポーツを謳いながらも日常の足として満足できるという事でしょう。乗り味が、キビキビとしている半面で通勤や買物等の生活感とマッチできると言えます。同クラス最大のラゲッジスペースを確保し、リアシートのアレンジ機能もOK。スポーツエンジン搭載車のアキレス腱と言える静粛性を高水準に纏めています。

スイフトスポーツの価格帯は160万円程度で、これほどのレベルを実現させているのは見逃せませんね。最後に買い替え時ですが、元々の価格が手頃なため車の下取りの価格は微妙なようですね。代替を検討する際は車下取りの価格を気にしないようシッカリ乗り込んだ方が正解かもしれません。


スイフトスポーツの燃費

スイフトスポーツの気になる費用・ランニングコストについて検証してみます。結論から言うとスイフトスポーツは、燃費の面ではコスト高と言えるでしょう。
 
ガソリン代が高騰している昨今の状況から気になるポイントでしょう。スイフトスポーツはクリーン排ガス化規制はOkですが、ハイオク仕様に加え、カタログ値14.6Km/L(5MT)という燃費は良いとは言えませんね。コストや燃費を気にされる方にはスイフトスポーツではなく、スタンダード・スイフトがお薦めです。

スポーツタイプとして検討すると、1600ccスポーツエンジンという事から比較検討します。ホンダB16(シビック等)エンジンと比べると、良いと評価されます。実質燃費が8〜10Km/Lで標準的なスポーティカーでしょう。それでもスイフトスポーツは、ローギアードされ、パワーアップ感が増した感じします。前作のパワー不足感が、今回のギア比の変更により低回転・高速志向のギア設定でパワー不足感を解消しました。そう考えると燃費は妥当と判断します。

 

サイトマップ

ひざの痛みと女性ゴルフクラブの種類ストレッチポールの使い方チアシードチョコでダイエット